読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻の故郷フィンランドでスマブラの世界王者を目指すブログ

国際結婚した31歳多重債務者の人生記(๑•̀ㅂ•́)و✧



日本の矮小なe-Sports業界は、2020年東京オリンピックを機に激変する。

スマブラとe-Sports
スポンサードリンク

f:id:captainjacksan:20160927234033p:plain
画像はリオデジャネイロオリンピック閉会式より

 

こんにちは、自称スマブラDX元世界王者の
CaptainJack(詳細プロフィール & Twitter)です。

「e-Sports」。「プロゲーマー」。
今までこの言葉を聞いたことありましたか?

e-SportsとはElectronic Sportsの略で、
テレビゲームやPCゲームを用いた競技のこと。
プロゲーマーとは、そのプロ選手です。

アメリカ・中国・韓国などでは
特に盛り上がっているe-Sportsですが、
日本ではまだまだ認知度もプロの数も少なく、
盛り上がっているとは言いがたい状況にあります。

当記事では、日本のe-Sportsが抱える問題と、
その全てを変える可能性のある
東京オリンピックについて考えたいと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 

日本人にはプロゲーマーが少ない

f:id:captainjacksan:20160927213657p:plain
梅原大吾氏。日本人初のプロ格闘ゲーマー。

まず前提として、
日本人のプロゲーマーは他国に比べて圧倒的に少ないです。

NAVERまとめに日本人プロゲーマー一覧がありましたが、
掲載されている全てのプレイヤーを合わせても20名あまり

「2011年から1年間のプロ契約」というケースでも掲載がありましたので
本日時点での正確な数を表しているとは思いませんが、
おそらく大幅なブレはないでしょう。

プロが数十人。

これは業界として非常に小さいと言わざるをえません。 

 

目次へ戻る

 

日本における「ゲーム=遊び」という古来からの認識

これは感覚的にわかりますよね。

ゲーム=遊びという認識。

小さい頃、「ゲームは1日1時間」とか言われませんでした?

 

最近ゲームの専門学校が開講され話題になりましたが、
これもネット上で大変な批判がありました。

個人的には学校に通ってプロゲーマーになる方法を学ぶのが
プロ化への最も効率的なアプローチとは思いませんが、
彼らの批判には「たかがゲームに学校?」的な
ニュアンスが含まれていたように思います。

日本はゲームのみならずエンターテイメントの分野で
(特にアメリカに)遅れを取っており、
2000年前半に漫画市場がハリウッドの映画市場の
規模を抜いて10年以上経過する現在でも
ゲームが子どもの遊び扱いされている現状は悲しく思います。

目次へ戻る

 

巨額の賞金付き大会の開催が法的に許されていない

先日、消費者庁が
「e-Sportsの大会の賞金上限上限を10万円にする」
と発表して話題になりました。

ゲームの大会は賭博法、風営法などが絡んでくるため、
特に賞金に対しては昔からかなりシビアです。

しかし、上限10万円というのは
プレイされるゲームタイトルのメーカー自身が
賞金を拠出する場合であり、
第三者であるスポンサーが賞金を出す場合は
その範疇に当てはまらないようです。

しかし、本当にそうなのであれば、
すでに日本で賞金が10万円を超える大会が
多数開催されていてもおかしくない。

実際はそうはなっていないため、
正直この辺りはまだ真偽のほどはよくわかりません。

【悲報】消費者庁「eスポーツの大会の賞金上限は10万円までにします」

 

賞金の存在は重要です。

人は生活費を稼いで生きていかなければなりませんから、
大会に賞金がないとやはりそれは趣味の範疇にとどまり、
ゲームで食べていくことはできません。

となると、必然的に他に生活のために仕事をする必要が生まれ、
練習時間の確保が難しくなります。

そうすると結果を出せるまでに時間がかかり、
スポンサーが付くのに時間がかかってしまいます。

それでもスポンサーが付けば御の字。

スポンサーがつくことなく、
ゲーム自体を止めてしまうプレイヤーの方が多いです。

 

しかし、東京オリンピックで全てが変わる可能性がある

ここまでは悲しい現実をお話ししてきましたが、
東京オリンピックが全てを変える可能性があります。

はて、それは一体どういうことか?

みなさん、2016年8月に開催された
リオデジャネイロオリンピック閉会式の
「安倍マリオ」を覚えていますか?

 

動画を見れない人のためのハイライトf:id:captainjacksan:20160928003121p:plain

f:id:captainjacksan:20160928003135p:plain

f:id:captainjacksan:20160928003143p:plain

f:id:captainjacksan:20160928003151p:plain

f:id:captainjacksan:20160928003200p:plain

f:id:captainjacksan:20160928003214p:plain

f:id:captainjacksan:20160928003225p:plain

f:id:captainjacksan:20160928003245p:plain

f:id:captainjacksan:20160928003232p:plain

f:id:captainjacksan:20160928003308p:plain

f:id:captainjacksan:20160928002947p:plain

f:id:captainjacksan:20160928004729p:plain

f:id:captainjacksan:20160928004913p:plain

f:id:captainjacksan:20160928003004p:plain

f:id:captainjacksan:20160928003050p:plain

f:id:captainjacksan:20160928003040p:plain

f:id:captainjacksan:20160928003100p:plain

f:id:captainjacksan:20160928003110p:plain

いかがですか?

僕はリアルタイムでは見れなかったんですが、
YouTubeで見て鳥肌が立ち、泣きそうになりました。

その理由は、 このTweetに集約されています。

 

オリンピックの閉会式という大舞台で
世界を巻き込み興奮の坩堝にする
マリオやドラえもんというキャラクター・・

なんて素晴らしいんでしょうか。
もはや存在が尊いレベル。
筆舌に尽くしがたいです。

この演出を可能にした椎名林檎をはじめとするキャストたち、
GOサインを出した名も知れぬ官僚たち、
マリオに扮した安倍首相、全てが感動的です。

同Tweetは大変話題になり、
多数のコメントが寄せられました。

 

 

楽しくて、平和で、
そして世界中を感動と興奮の渦に巻き込める
これだけ強力なコンテンツを持つ国は、
世界広しといえどもおそらく日本だけ。

この映像への海外からのコメントや
ネットの反応を見ればそれは明らかであり、
アニメ・ゲームのコンテンツの力はそれだけ強力です。

 

ポケモンと鉄拳の合作、『ポッ拳』のプレイ動画。

 

そこで、本題はタイトルに戻ります。

「日本の窮屈なe-Sports業界を変えるのは、
2020東京オリンピックにおいて他にない。」

オリンピックの舞台でこれだけの
センセーションを巻き起こした「安倍マリオ」。
任天堂や日本の壁を超え、世界のゲームを代表するキャラクターです。

そんなキャラクターを使ったe-Sportsが盛り上がらないはずがなく、
国策として打ち出しているCool Japanの方針とも一致します。

東京オリンピックの演出も椎名林檎をはじめとする
リオのスタッフが担当することになるでしょうし、
リオ閉会式PVの反響から考えれば、
ゲームキャラクターはほぼ間違いなく入れてくるはず。

リオではなぜポケモンが出演しなかったのかという話もあり、
日本が生み出した値千金の世界的キャラクターたちを
起用した「安倍マリオ」路線を踏襲してくるのは自然な流れです。

 

余談になりますが、
ストリートファイターシリーズで有名な
美人中国人ファイター、春麗。

なんと、世界で初めてゲームキャラクターとして切手化

1999年には、中央アフリカ共和国で発行された切手のデザインになった。ゲームのキャラクターが切手のデザインになったのは、世界でも初めてのことである。

春麗 - Wikipedia

f:id:captainjacksan:20160928010205g:plain
(画像は春麗切手からお借り) 

出演作のストリートファイターシリーズは
格闘ゲームの祭典EVOの競技種目中一番人気を誇る
超有名タイトル。

 

また、春麗といえばウメハラさんの背水の逆転劇でも有名ですね。
(やられる方ですが 笑)


なお、主人公のリュウは、
スマブラにもスペシャルゲストとして参戦しています。

 

現状ではe-Sportsの大会に大きな賞金を
設定するための法整備が遅れていたとしても、
これからCool Japanの流れを汲んだ
e-Sports振興の動きが起こってもおかしくない。

世界からあれだけ注目された「安倍マリオ」の
コンテンツパワーを利用しなくていいのか?
間違いなくこのタイミングで積極的に取り組むべきです。

法改正の妨げとなる頭の固いおっさんたちを
説得してくれるのは、海外を味方につけた世論であり、
リオの「安倍マリオ」ではその可能性が見えました。

2020年東京オリンピックまでにe-Sportsを取り巻く環境は
どのくらい変わっているのか?

まずは本場ラスベガスと同等のものを作り上げると宣言された、
格闘ゲームの世界的祭典、EVO JAPAN(2018年1月)を楽しみに。

みなさんと現地でお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

おまけ

目次へ戻る